雑草を制するのは益草で

草の管理は、春のヘアリーベッチ
(ふじくさ・マメ科)草生栽培から始まります。
その他有用微生物の住処としてハコベ・ヤエムグラ
カラスノエンドウなども大切に育てていきます。

夏の前、雑草が生えてくる頃になると
春育てたヘアリーベッチ等を敷草とし
夏の余分な雑草を抑えています。その他も
手で抜きとり、除草剤は使用しません。

※ヘアリーベッチはマメ科ですので根粒菌とともに空気中の窒素(約10kg/10a)を固定してくれますので、土壌の肥やしや他植物(雑草)の侵入防止に役立ちます。

※また、使用した敷草は微生物に分解されて肥料にもなり、自然の生態を活かした栽培となっています。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員登録するとお届け先の登録など便利な機能が使えます!無料会員登録へ進む

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

アクセスカウンター
累計
本日